インディーズバンドライブの集客のコツ

ライブを成功させるには集客は大きなポイントとなります。ライブハウスからの客離れが進んでいると言われる現代、集客に頭を悩ませているインディーズバンドも少なくありません。インディーズバンドが集客率を上げるためのコツをいくつかご紹介します。

様々な告知方法を駆使する

とにかくライブがあることを多くの人に知ってもらうことが大切です。情報を発信しなければ、いくら良いライブをしていてもそのライブが開催されていることを知らない人は、来ることはできません。フライヤーやポスター、インターネット、DMなど様々な告知方法で宣伝しましょう。人通りの多い街の街頭ビジョンでの告知などはかなりの効果が期待され、特別なライブの時などにおすすめです。

お客さんを呼べる人気バンドをセッティング

自主企画の際、お客さんをある程度呼べるバンドをセッティングすることも集客率を上げるコツです。何組かバンドが出る場合、それぞれがお客さんを呼べれば集客率は上がります。

確実にチケットを売る

規模が大きくないライブなどは大手のチケット会社を利用せず、ライブハウスやバンドへの予約でチケットを売る方法が多いかと思います。インターネットが普及し、多くのインディーズバンドがホームページを持っています。そのサイトからチケット予約ができるようにしていたり、友達からの予約などは口頭やメールで受けていたりするでしょう。

その予約したお客さんが必ず来てくれるのなら問題ありませんが、中には「とりあえず予約だけしておく」という方もいるはずです。キャンセル代も出ない予約方法だと、見込んでいた数よりかなり少ないお客さんになる場合もあります。この問題を防ぐために予約時にチケット代を回収する当社のようなサイトを利用すれば、購入者がライブに来る確率は高くなるでしょう。
また、そうしたサイトを利用することでライブを観に来る可能性が高い客数が見えるので便利です。

当社では、インディーズバンドで活動をされている方をサポートするサイトを運営しております。サイト上での音源の発信は元より、MVの発信や新曲の告知からライブ情報の掲載、一緒に音楽の道を極めたいメンバーの募集情報を掲載することも可能となっております。ぜひご利用ください。

インディーズ音楽に関するコラム